ハーブカラー

ハーブカラー

ナチュラルハーブカラー画像
ハーブカラー今までは繰り返すほど髪を傷めていましたね。最高のトリートメントに。頭皮は自然を待っている。ハーブの種類と効能カミツレ、ローズマリー、甘草、セージ、柿葉、ハーブの効果はハリ、コシ、ツヤ、頭皮活性化、育毛、発毛硬貨、刺激抑制、染色力アップ等があります。髪頭皮に優しい。

ハーブカラー 施術例

〜頭皮は自然を待っている〜

Before

droppedImage_4 droppedImage_1

ヘアダイ(アルカリカラー)で染めて、2ヶ月後の状態。
色が落ちた状態(褪色)パサついた印象です。

droppedImage

作り立てはこういう色で
驚かれるお客様もいらっしゃいますが、
ご安心ください。
時間がたつと、色が変わって行きます。

droppedImage_3

カラー独特の刺激臭が無く、地肌にもしみません。

After

droppedImage_2 droppedImage_5

ハーブカラー施術後、ツヤがでてパサつきが無くなりました。

ハーブカラーに含まれる代表的ハーブ

カミツレ・甘草柿葉・セージ・ローズマリー等10種類のブレンドです。

ハーブの効果は、ハリ・コシ・ツヤ、
頭皮活性化、育毛、発毛効果、刺激抑制などがあります。

植物成分の働きでキューティクルの補修ができる。
厚生省の認可をとっている安全性の高いカラーです。

良く聞かれる「ヘナとの違い」は?

  • 医薬部外品としての認可を取得しています。
  • ゴワツキがなく手触りが良い。
  • パーマが、かかりにくくなることが無い。
  • カラー施術中、施術後の残臭が少ない。

さらに、ツヤが欲しい方はミネラルハーブカラーがおすすめです!
ミネラルと相性が最高に良いです。
ハーブカラーのみでも効果はありますが、
ミネラルハーブカラーは更に効果を実感できると評判です☆

ポジティブ要素が多いハーブカラーですが、
明度を上げる事はできません。
髪と頭皮をいたわり、明るくカラーリングしたい方はミネラルカラーがオススメです。

あなたの白髪染めタイプはどちら?
仕上がりは地毛色くらいの仕上がりで良いという方は、ハーブカラーがおすすめです。
選べる3コース1標準ハーブカラー(ノーマル)

アクアコースハーブカラー(+毛髪ケア)

↑詳細はクリック

ミネラルコースのハーブカラー(+頭髪&毛髪ケア)

↑詳細はクリック

メリットは頭皮と髪にやさしい成分と繰り返し染める不安を解消したことで、デメリットは選べる色味が少ないことです。

gray_13

明るさ、色の選択肢がある方が良いという方は、グレイカラーがおすすめです。
1グレイカラー(ノーマル)グレイカラー標準です。

アクアグレイカラー(+毛髪ケア)

↑詳細はクリック


ミネラルグレイカラー(+頭皮&毛髪ケア)

↑詳細はクリック


メリットは選べる明るさや色味が豊富なこと。デメリットは頭皮と髪のダメージ。